3753215F-B5BB-4C0F-852E-8A5A384CFC34

     「ヤクルト-広島」(12日、神宮球場)

     先発した広島・森下が7回を3安打で無失点。自己ワーストの6四球を与えながらも決定打を許さず、今季最多127球の熱投でヤクルト打線を封じた。

     初回に2四球を与えて2死一、二塁のピンチを招くも無失点。二、四、五回も四球で走者を出すも、粘りの投球で味方の援護を待った。

     七回も安打と四球で1死一、二塁とされたが1番・山崎を右飛、2死二、三塁から中村を二飛に打ち取って最後のピンチを切り抜けた。三者凡退のイニングは一度もなかったが、粘りに粘って得点を与えず、球数は今季最多の127球。力投したが味方の援護に恵まれず、白星はお預けとなった。

    引用元デイリー https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2021/05/12/0014320828.shtml?pg=2


    【2021/05/12【試合結果】広島0-0ヤクルト 広島の先発森下は7回無失点 今季最多127球の熱投】の続きを読む

    1217232B-076B-4678-969B-234AB592CE37


     (セ・リーグ、広島1-1巨人、8回戦、広島4勝3敗1分、4日、マツダ)広島のドラフト1位・栗林良吏投手投手(24)=トヨタ自動車=がデビューから14試合連続無失点とし、プロ野球新人記録を作った。

     1-1の九回に2試合連続でマウンドへ上がった。先頭の代打・亀井を2球で追い込み、フォークで三球三振。続く梶谷に左翼線二塁打を浴びたが、坂本を三ゴロ、丸を空振り三振に切って取ると、マウンドで飛び跳ねて拳を握った。


    チームは1-1の引き分けに終わったが、自身はデビューから14試合連続無失点とし、2019年のソフトバンク・甲斐野を抜き、66年のドラフト制導入後の新人最長となった。今春の対外試合を含めるとデビューから21イニング連続無失点といまだ1点も取られていない。

     球団では2003年の永川(現投手コーチ)以来の「新人守護神」は、開幕2戦目の3月27日の中日戦(マツダ)でプロ野球史上5人目の初登板セーブを記録。ここまで14試合で14回を投げ3安打無失点、21奪三振。ヤクルト・石山と並びリーグトップの8セーブと抜群の安定感を誇る。


    引用元 サンスポhttps://www.google.co.jp/amp/s/www.sanspo.com/baseball/amp/20210504/car21050417260004-a.html

    【【カープ】広島のD1位・栗林がデビューから14試合連続無失点 プロ野球新人記録樹立 】の続きを読む

    6CDC6D5E-014A-4254-8B30-D5795F58D0ED
    【2021/05/03【3回裏】巨1-2広 鈴木誠也、今季第7号逆転ホームラン】の続きを読む

    5119173E-E1D5-4CD5-A571-99C189C82AB8

     「阪神4-2広島」(30日、甲子園球場)

     広島のケビン・クロン内野手(28)が25日の巨人戦以来となる4試合ぶりの3号ソロを放った。八回1死から代打で出場。秋山のカーブを力強く振り抜き、左翼席に運んだ。「ピンチヒッターは難しい仕事だったが、ずっと試合を見ていた。一球に集中して、高めの球に絞っていって打とうと思った」。

     また、六回の先頭に代打で出場した田中広は21打席ぶりの安打となる右翼線二塁打を放つと、八回には左前打で出塁した。河田ヘッドコーチは「結果が出たし、打ってくれて非常に大きかった。スイングが良くなってきた。継続してほしい」と復調気配が漂う選手会長に期待を寄せた。

     助っ人の一発、田中広の今季2度目のマルチ安打など敗戦の中で収穫はあった一方、広島は阪神先発の秋山をまたも攻略できず、昨季からこれで右腕に対して7連敗となった。佐々岡監督は「策は練っている中で打てない。いろいろやっているんだけど・・・」と頭を抱えた。

    引用元デイリーhttps://www.daily.co.jp/baseball/carp/2021/04/30/0014288584.shtml?pg=2


     

    【2021/04/30【試合結果】広島2-4阪神 広島 敗戦の中に収穫 クロンが4試合ぶりの3号本塁打 田中広は21打席ぶり安打】の続きを読む





    37A821C5-47B2-4B77-BC54-CB7E5C4B49B0



     「DeNA5-3広島」(29日、マツダ)

     広島が2連敗で2カードぶりのカード負け越しを喫し、借金生活に突入した。

     先発した2年目左腕の玉村は1-1の四回にオースティン、ソロに被弾し計3失点。五回も追加点を奪われ、プロ初登板初先発を5回5安打5失点(自責4)で終えた。

     打線は初回、鈴木誠が気迫のヘッドスライディングでチャンスメークし、西川の二ゴロの間に1点先制。1-5の七回無死二、三塁では、プロ初のスタメンマスクの石原が、プロ初安打初打点となる右前2点適時打を放ったが、その後の好機で代打・会沢、代打・長野らが打ち取られた。

    引用元デイリー https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2021/04/29/0014285207.shtml?pg=2


    【2021/04/29【試合結果】広島3-5DeNA カープ連敗で借金生活に突入 2年目左腕・玉村、2被弾5失点で初登板初黒星】の続きを読む

    74A8B8C0-F179-4930-A934-54C3057DD39E


     「広島10-1DeNA」(27日、マツダスタジアム)

     広島の羽月隆太郎内野手(21)がプロ初の猛打賞で3連勝に貢献した。三回2死満塁は右中間へ走者一掃の適時三塁打を放ち、今季の1イニング最多となる7点を演出した。3安打3打点をマークした若鯉に導かれ、打線は今季初の先発全員安打。今季初の2桁得点となる10点を奪って大勝し、貯金1と勢いづいてきた。

    振り抜いた打球は、低い弾道で右中間をきれいに破った。羽月は快足を飛ばして一気に三塁に到達。一塁ベンチに笑顔の花が咲き、スタンドの鯉党を熱気の渦に包んだ。

    高卒3年目で初の猛打賞。主役の座を奪った21歳は「本当に良かったです」と満面の笑みを浮かべた。

     0-0で迎えた三回に、グラウンドを駆け回った。先頭として投手強襲の内野安打。この一打をきっかけに打線が4点を奪うと、2死満塁でこの回2度目の打席へ。大貫の初球を迷わず振り抜いた。「コーチから『中途半端(な打撃を)するな、思い切って打て』と言われた」。白球は二塁手の頭上を越えて、右中間を破る。走者全員が生還し、今季の1イニング最多7点を奪取。価値ある一打に本拠地は大いに沸いた。

     初回無死一塁は送りバントを転がし、俊足を生かして投手内野安打。3安打3打点で森下とともにお立ち台に上がると、ファンの大きな笑いを誘った。

     「きのう(寮の)屋上で森下さんと、月を見て『きれいだね』言って、それが力になった」
     

    26日の夜、森下と月を見ながらこの日の活躍を思い描いていたという。「満月が近かったので、2人で『あした2人で頑張りましょう』と言っていて。本当に結果が出たので『月のおかげだな』と話していた」と笑った。

     今春キャンプで鈴木誠から「お前のようなタイプはどこにでも、狙った打球を打てないとダメ」と助言された。三遊間にゴロを打つなど、打球方向を決めてスイングする練習を繰り返した。「一人で打撃練習をする時も『ここに、この打球を打つ』と決めて打ったり、そういうのがつながっているのかなと思う」とうなずいた。

     チームは今季初の先発全員安打で、今季初の2桁得点。今季2度目の3連勝で貯金1とした。打線は3試合連続2桁安打と勢いに乗ってきた。「僕の立場なら毎日が勝負。一球も無駄にできない」と羽月。泥くさく、懸命にグラウンドを駆け回り、チームを勢い付ける。


    引用元デイリー https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2021/04/28/0014280353.shtml?pg=2

    【2021/04/27【試合結果】広島10-1DeNA 広島・羽月 プロ初猛打賞 今季初先発全員安打で10得点大勝!3連勝!】の続きを読む

    4C0AF4BF-35CB-4C2E-A8E5-8B4B3212BA69


    広島の新助っ人ドビーダス・ネバラスカス投手(28)=前パイレーツ=とカイル・バード投手(28)=前レンジャーズ=が26日、広島市内の球団事務所で入団会見に臨んだ。2人は新型コロナウイルスの感染拡大による入国制限のため来日が遅れ、9日に入国。2週間の隔離期間を終えた。


    ネバラスカスは最速157キロの直球が武器で、先発として期待される。またリトアニア初のメジャーリーガーで、NPBでも同国出身選手は初めてだ。会見に臨んだ右腕は「真っすぐで押していきたいタイプ。球速、球威を出しながら、持っている変化球を織り交ぜていきたい。1日でも早くグラウンドにたってみんなと一緒にプレーしたい」と声をはずませた。メジャー通算は76試合で1勝4敗、防御率6・81。

     もう1人のバードは最速154キロの左腕で、スライダーとカーブを操る。中継ぎとして期待される。来日前は駐米スカウトのエルドレッド氏とコミュニケーションを図りながら日本野球の予習をしてきたという。

     「来日する前、契約するころに一度、会いに来てくれました。初めて会って、日本の事をたくさん教えてくれた。彼の奥さんもいろいろ話に乗ってくれた。来日する前の準備がスムーズにできた。日本に7年間いて彼の性格、そういったものを僕たちの後押しをしてくれた。手助けになっている」。通算12試合登板、0勝0敗1セーブ、防御率7・82。

    2人は27日に2軍に合流する。


    引用元デイリーhttps://www.daily.co.jp/baseball/carp/2021/04/26/0014275943.shtml?pg=2


    【広島 新助っ人2投手が入団会見 バードはエルドレッド氏から日本野球を学ぶ】の続きを読む

    B43353B7-C5B5-4C39-8164-24FBEF6B588E


     「巨人8-9広島」(25日、東京ドーム)

     広島の中村奨成捕手(21)が勝ち越しを呼ぶ一打を放った。

     8-8の九回に代打で出場。中川の高め146キロ直球を振り抜き、右翼フェンス直撃の二塁打を放った。「かなり緊張していた。追い込まれていたので、何とかくらいついていきました。チームとして同点に追いつかれた後の次の回だったので、チャンスを作ることができて良かった」。好機を演出すると1死三塁から菊池涼の中犠飛で勝ち越しのホームを踏んだ。

     八回に6点差を追いつかれていただけに、再び流れを引き寄せる価値ある一打となった。佐々岡監督は「追いつかれて嫌な雰囲気の中、奨成(中村)があの一振り。よく打ってくれた」とたたえた。

     16日の中日戦ではプロ初安打を放ち、本職の捕手だけでなく、外野や三塁にも挑戦しているプロ4年目が役目を果たし、勝利の立役者となった。


    引用元デイリー https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2021/04/25/0014274282.shtml?pg=2



    【2021/04/25【試合結果】広島9-8巨人 勝利呼ぶ広島・中村奨成の“フェン直”二塁打「かなり緊張」 監督「よく打ってくれた」】の続きを読む

    C71F7FC2-C48A-475E-B3D2-5F871B46636B
    【2021/04/23【6回表】広1-2巨 鈴木誠也に今季第5号ソロホームラン!!通算149号】の続きを読む

    AF577A80-4179-4A34-801A-AA313D122C41
    【2021/04/16【8回表】広7-3中 代打長野久義にタイムリー!!さらに西川龍馬の犠牲フライでこの回2点追加!】の続きを読む

    このページのトップヘ