広島



    5F5A9275-FDEF-4291-B664-2220707A6FBE

    広島小園が結婚「家族ができてしっかりやらないと」



    広島は25日、小園海斗内野手(20)が結婚したと発表した。

    小園は球団を通じて「家族ができてしっかりやらないといけないという気持ちです。キャンプは2軍スタートで悔しい気持ちがあるので、早く1軍の戦力になれるよう頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします」とコメントした。

    新人だった19年の58試合から昨年は3試合で無安打。今オフはヤクルト山田、川端らと松山市内で合同自主トレに取り組み、タイトル歴のある2人から打撃を学んだ。キャンプはプロ3年目で初の2軍スタートで、24日には「開幕の時には呼んでもらえるように、2軍で頑張ります」と意欲を示していた。

    引用元 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202101250000380_m.html



    【【カープ】小園(20歳)結婚!!!!】の続きを読む






    DEF55189-8EC0-48B4-8C4D-F618384565A3






    広島・九里亜蓮投手(29)が12日、マツダスタジアムで自主トレを公開した。

     
    後輩の床田とキャッチボールやランニングで汗を流し「キャンプに向けて、ランニングもある程度の量を走っている。ウエートトレーニングにしてもキャッチボールにしても、少しずつ(強度を)上げている段階」と手応えを口にした。

     昨季は自身初の規定投球回に到達し8勝6敗、防御率2・96と充実のシーズンとなった。右腕は今季のさらなる飛躍に向けて「やっぱりマウンドは降りたくない。最後まで投げたいという気持ちは持っている。(中日の)大野さんは半分は完投している。最低でも5試合は完投できるように頑張りたい」と掲げた。

     そんな九里が胸に秘めるのが、国民的人気バンドの「Official髭男dism」との同級生タッグだ。ボーカルの藤原聡は米子市・後藤ケ丘中のクラスメート。現在、登場曲には親交のある新日本プロレス・内藤哲也の登場曲である「STARDUST」を使用しているが、いつかは「何かのタイミングで会う機会があれば『作って』と言っておきます」と別バージョンの登場曲の作成を依頼するつもりだ。

     ヒゲダンが出演した昨年のNHK紅白歌合戦は「藤原くんのタイミングで子供をお風呂に入れていたので、見られてないです(笑い)。ちょうど順番に子供をお風呂に入れていたので…」と見逃してしまったものの、同級生の活躍ぶりは刺激になっている。チームのV奪還、そしてヒゲダン・藤原とのタッグ実現のために今季もフル回転するつもりだ。

    引用元  東スポweb https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2612628/

    【自主トレを公開した広島・九里(顔写真はOfficial髭男dism の藤原)】の続きを読む


    32326CC2-7231-4523-B7FA-E5114B2138B5


    広島の大瀬良大地投手(29)が11日、広島県廿日市市の大野練習場で自主トレを公開した。午前10時頃からランニングやキャッチボール、ノックなどで体を動かし、昨年9月に受けた右肘手術からの順調な回復ぶりを示した。

     キャッチボールでは体を大きく使いながら力強いボールを投げ「100%くらいの強度に近い形で、投げることができているので、飛ばし過ぎず、しっかりと一歩一歩進めていけたらと思います」と現状を伝えた。

     年末年始は広島で過ごし「元旦から休みなく、年末年始という意識はなく動いていた」という。「今はすごく順調に進めることができている。皆さんに恩返しできるようにキャンプ、オープン戦、開幕といい形でいけるように頑張りたい」と新たなシーズンを見据えた。

    引用元デイリーhttps://www.daily.co.jp/baseball/carp/2021/01/11/0013998230.shtml?pg=2

    【昨年9月右肘手術の広島・大瀬良「100%くらいの強度」自主トレ公開】の続きを読む

    ECC622EC-DAF4-4089-9E48-001D536AEB3C



    【きょんぺー先発挑戦、自主トレ!!】の続きを読む

    45FC94A3-F7DB-4AE4-A05F-1C0C352EED29


    3年ぶりのV奪回へ、佐々岡カープが着実に地盤を固め始めている。監督就任1年目の2020年は投打がかみ合わず、2年連続のBクラスに沈んだ。巻き返しへの第一歩となった秋季練習では明確な課題をつぶすべく練習に取り組んだ。 

    「悔しさを持った中で来季(21年)は始まっている。個々の課題を持ってやろうと。いつもの秋季キャンプとは違う練習になる。競争をしないといけない選手もいる」 

     打撃陣の得点力不足解消などを目的に、逆方向へ強い打球を打つ練習を徹底して実施した。指揮官は「今年1年の反省を踏まえた中での練習方法だった。充実した練習ができたのではないかと思います」と手応えをつかんだ様子だ。 

     河田ヘッドコーチの就任も、大きな改革の一つとなる。4年ぶりに広島に復帰し、攻撃面の立て直しに期待がかかる。 

     佐々岡真司監督は新参謀について「選手とコミュニケーションもしっかり取りながら、厳しいところもしっかり出してくれる」と全幅の信頼を寄せる。選手を分け隔てなく叱れることに加えて、若いコーチ陣のまとめ役としての手腕にも注目だ。 

     また来季の助っ人として3選手が加わる。大砲候補で、3Aのリーグ最多本塁打者の内野手のケビン・クロン。リトアニア出身で、先発での起用が検討されている長身右腕のドビーダス・ネバラスカス。最速154キロ左腕のカイル・バード。20年低迷の要因となった投手力と長打力の課題克服への期待大だ。 

     FA権行使を検討していた田中広の残留も決定した。ドラフト1位・栗林をはじめ、即戦力の新人も加わる。 

     2年間の悔しさをはね返すべく、中堅、若手、新戦力が一致団結し、優勝を奪い返す。 

    写真=BBM 

    引用元  週刊ベースボール
    https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20210104-07 【広島・佐々岡真司監督 新参謀と新戦力を加えてV奪回へ/指揮官が見据える2021】の続きを読む

    このページのトップヘ